NPO法人ひとりとみんな ブログ 

アクセスカウンタ

zoom RSS 土曜日、日曜日、月曜日と陸前高田と石巻、仙台に参りました

<<   作成日時 : 2012/08/22 10:02   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 お休みを利用して、被災地にお邪魔しました。

土曜日は仙台に、日曜日は陸前高田にそして月曜日は石巻に参りました。

今回も仙田循環器病センターの長谷川MSWにご配慮をいただきました。


今日は陸前高田の様子をお伝えします。


日曜日は仙台から3.5時間をかけて、陸前高田にまいりました。



学生さんやお父様からいろいろなお話を聴き、考えさせられました。



陸前高田は、リアス式海岸が多い三陸の中でも、珍しく白浜に恵まれた海岸線を持つ土地で、絶好の海水浴場がある町でした。



そこが有名な「奇跡の一本松」のある高田の松原です。



風光明媚なこの場所に、バブルの時、多くの業者が土地を漁りどんどん建物を建築したということでした。



しかし、高田は有史以降でみても、何度も大津波に襲われた町で、海岸線には何かを作るなという言い伝えがあったにも関わらず、それを忘れ、または無視して開発に血眼になった、というお話も聴きました。



でもこれを責めることはできません。



産業が起こしにくい場所で観光産業を隆起させたいと考えるのもごく自然かもしれませね。



しかし、自然はその隙を人間の傲慢と見たのかもしれません、というのは少々言いすぎでしょうか?



この地で働くお父さんは、「高田には山も海もちゃんとあるのだから、もう一度、漁業、農業でがんばればいい」という言葉は当事者だけに重かったです。



みなさんがおっしゃるようにまさに町がなくなってしまったといってもよいような光景でした。



生活も命も談笑もすべてを失ったといえるかもしれません。



でも少しずつですが、仮設の店舗を再開する動きもあり、今後とも決して忘れずに、応援し続けることが東京からできることだと思いました。


高田のお菓子屋さんのゆべしとバームクーヘンは格別です。

こうして地元に行くこと、そして地元の物を買うこと、そして、そのお礼の手紙をしたためること、これが今とても大切な支援ではないでしょうか。

我々には我々ができる我々にふさわしい応援の作法があるのだなと思っています。

いくつかの写真をどうぞ


ジョージ・ランンズベリーのお話はまたします。
画像
画像



月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
土曜日、日曜日、月曜日と陸前高田と石巻、仙台に参りました NPO法人ひとりとみんな ブログ /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる